レジオネラの歴史
  • > TOP
  • >レジオネラの歴史

レジオネラ症=在郷軍人病

「レジオネラ症」

この病気が初めて発見されたのは、1976年のアメリカ合衆国ペンシルベニア州で行われた在郷軍人会総会においてです。当時、総会に参加していた1500名中、221名が原因不明の肺炎で倒れ、うち34名が死亡するという最悪の集団肺炎が発生しました。米国疾病予防センターが原因究明をしたところ、この肺炎が新種の細菌によるものだということが判明しました。そして、いつしかこの細菌が、「在郷軍人(Legionnaire)」にちなんで「レジオネラ(Legionella)」と命名されました。これが、レジオネラ菌という名前の由来です。また、レジオネラ症は、時として「在郷軍人病」と呼ばれることもあります。このようなレジオネラ症に関する事例は、日本においても多数報告されており、もはや私たち日本人にとっても油断することのできない細菌の1つとなっています。

レジオネラ感染症の事例年表

下記はレジオネラ症発生の状況の1部です。

 

発生年月

発生場所

感染者数

1980年8月

福島県内の病院

7名

1996年1月

東京都内の大学病院

4名

1999年6月

岩手県内の温泉

3名

2000年3月

静岡県内のレジャー施設

23名

2002年7月

宮崎県内の温泉

295名

2002年8月

鹿児島県内の温泉

9名

2003年2月

岡山県内大学付属病院

1名

レジオネラ対策のお問い合せ 詳しくはこちら
ご購入窓口 詳しくはこちら