普通風呂、循環式風呂、ジャグジー
  • > TOP
  • >普通風呂、循環式風呂、ジャグジー

普通風呂

ダミー画像

一般家庭にある浴槽の場合、循環式風呂とは異なりろ過装置等の設備がついていないので、お風呂に入るたびに新しい水をはり、温めなければなりません。しかし、ついつい水はりが面倒になってしまい前日の残り湯を温めなおして使ってしまうということもあるのではないでしょうか?それは大変危険なことです。前日の残り湯の中には人間の体から出た有機物があり、レジオネラ菌増殖の栄養素となります。また、残り湯を温めなおすことで菌が最も繁殖しやすい40度前後の水温になってしまいます。このような、危険因子が揃うことで、一般家庭におけるお風呂でもレジオネラ菌が繁殖することはあるのです。

循環式浴槽

多くのレジャー施設等のお風呂で導入されている循環式風呂は、24時間風呂とも呼ばれています。その名の通り、ろ過装置等を使い水をろ過することで24時間、いつでも入浴することができます。また、節水の効果があることから、最近では多くの一般家庭でも導入されています。しかし、循環式浴槽は十分な維持管理ができていないとすぐにレジオネラ菌が繁殖してしまいます。菌の繁殖を防ぐためには、定期的に水の交換と浴槽内の清掃及び薬剤による消毒を行いましょう。また、気泡ジェットなどようなエアロゾルが大量に発生するものには、浴槽水を使用しないようにしましょう。

ジャグジー

ジャグジーは、浴槽内の穴から気泡を含んだ噴流が勢いよくでる浴槽のことです。噴流によるマッサージ効果があるため多くのレジャー施設等で導入されています。ジャグジーは、不特定多数の人が入ったお湯を再利用している場合、レジオネラ菌が繁殖しやすく、特徴的にエアロゾルを発生させやすいため、肺に吸い込まれる危険性が高いです。レジオネラ菌が繁殖を防ぐために浴槽・配管等の清掃を定期的に行いましょう。

レジオネラ対策のお問い合せ 詳しくはこちら
ご購入窓口 詳しくはこちら