温泉

温泉におけるレジオネラ菌の発生原因

過去に温泉を発生源とするレジオネラ感染症が多発しています。しかし、本来、酸性・高温といった特徴がある温泉ではレジオネラ菌は生息できないか、あるいはごく少数しか存在していません。では、なぜ、温泉でレジオネラ菌が増殖するのでしょうか?増殖する理由の1つとしては、温泉の湯温を下げるために井戸水などを混ぜていることが考えられます。一般的にレジオネラ菌は、自然界の水環境には多く生息しています。そして、もう1つの増殖理由としては、温泉水を循環ろ過して再利用していることが挙げられます。レジオネラ菌は通常、ろ過だけでは除去することはできません。また温泉では、入浴者の体に付着した有機物は菌が増殖するための栄養源なります。そして、レジオネラ菌が、浴槽、配管にこびりつくと生物膜という多糖体ポリマーで囲まれた微生物の集合体を形成します。生物膜が形成されることで、菌が保護され塩素剤などの殺菌剤が効かなくなってしまうのです。レジオネラ菌は消毒することが大切なのではなく、生物膜の発生を防ぐことが大切なのです。

個人でできるレジオネラ菌対策

ここでは簡単ではありますが、温泉やレジャー施設で入浴する際の注意点をご紹介します。ぜひ、入浴を楽しむ際のご参考にしていただければ幸いです。

1.衛生管理が行届いている温泉を探すようにする。

浴場入り口のマットが何時も濡れていたり、スリッパが汚れて湿っていたり、浴室内部タイルや排水溝近辺がヌルヌルしていたりする温泉は気をつけた方がいいかも知れません。

2.循環式温泉に入る場合、体が弱っている時や、お年寄り、幼児などはジェットバスなど飛沫が飛び散るタイプのものに入らない。

レジオネラ感染症は菌を含んだ霧状の水滴を肺に取り込むことで発生します。

3.浴場の運営状況を確認する。
・清掃時間を適時とっているか。
・定休日はとっているか。

・どの程度の混雑状況か。

・定期的に細菌検査や薬剤による消毒を行っているか。

本格的なレジオネラ対策

本格的なレジオネラ感染症対策として下記のようなものがあります。こちらでは、対策ごとのメリット・デメリットをご紹介します。

 

 

メリット

デメリット

塩素殺菌

塩酸殺菌は一般的な温泉で行われる感染予防で、レジオネラ菌の殺菌効果に優れています。

塩酸は機器や配管の腐食を促進させます。また、塩素濃度が高いと臭いや肌のカサツキ等、人体へのトラブルも起きます。

UV殺菌

殺菌作用のある紫外線を用いた殺菌方法です。塩酸殺菌と違い、臭いや身体への刺激、有害物質が発生する心配をせずに使うことができます。

薬剤による殺菌とは違い効果が後々まで残らないため、殺菌性が弱いです。

オゾン殺菌

強力なオゾンの力で菌を酸化させて殺すという方法です。塩素臭や身体への悪影響がない殺菌方法です。

薬剤による殺菌とは違い効果が後々まで残らないため、殺菌性が弱いです。

薬剤殺菌

毒性の薬品が主成分で人や環境にやさしい。塩素剤で効きにくいアルカリ泉、薬湯等に効果が確認されていて、残留効果があり、高濃度で利用すれば配管洗浄剤としても利用できる。

塩素剤のように現場で濃度測定が出来ない。

レジオネラ対策のお問い合せ 詳しくはこちら
ご購入窓口 詳しくはこちら